使わなくなった切手をどうするべきか?ネットで見つけた3つの方法。

私は10年前から趣味で文通をしていました。ただ、ここ最近はSNSやラインなどでも気軽に連絡が取れますし、わざわざ文字を書いて手紙を送ることが面倒になってしまい、文通を辞めることにしました。

そこで困ってしまったのが切手です。文通をしていた時、毎回切手を買いに行くのが面倒だったので、半年に1回は郵便局で大量に切手を購入していました。ですが辞めるとなった今、その大量の切手が手元にあるのでどうしたらいいか悩んでいます。まずはネットでどんな方法があるのか検索してみました。

大きく分けて2つの方法を見つけました。切手買収業者や金券ショップで買い取ってもらうか、郵便局で年賀はがきなどに交換してもらうかです。私が持っている切手は年代物や変わったデザインのものではなく、ごく普通の切手です。そのため業者などが買い取ってくれることはないか、もし買い取ってくれても、かなり安い値段になりそうです。郵便局では現金での返金はしていませんが、はがきなどに交換が可能です。ただ、交換するために交換手数料、切手1枚につき5円がかかってしまいます。お得感はないですが、ゴミになってしまうよりは良いです。ゆうパックの配送料として切手での支払いも可能なので、私は今持っている切手半分は、はがきに交換し、残りは手元に残しておこうと思っています。

あと最後は、切手 買取 久留米みたいな専門の業者に買取を依頼することです。運が良ければプレミアム切手という額面よりも高い金額で買い取ってくれる切手が見つかるかもしれないのです。

名前を聞いたこともないような業者はちょっと怖いので、テレビCMをちゃんとやっていて知名度があるとか、上場しているような会社の方が安心できてよいと思います( ..)φメモメモ